活動日誌−りかの「なんだかんだ」

【18.11.03】大津波防災訓練

コンビナートでタンク火災が起こったら???

 
11月5日は「津波防災の日」。
国連が制定した「世界津波の日」です。
大規模津波防災訓練が、四日市港霞ヶ浦埠頭で行われています。
石井国土交通大臣も挨拶して訓練や展示があります。
コンビナートタンク火災の消火訓練、
流出油による海面火災の消火訓練もあります。
訓練の被害想定は、三重県南東沖マグニチュード9・1。
四日市は震度6。四日市では1メートル以上の津波が77分後に到達。
津波最大値5メートル。
1968任浸水。この時点で我が家は浸水です
りか事務所も浸水。
四日市市中心市街地では地震による揺れ津波による地盤沈下及び地殻変動による広域的な地盤沈下にともない甚大な被害が発生とのこと
県全体では、建物全壊焼失約23・9万棟、
人的被害 死者4・3万人負傷者6万人、
避難者1日後約57万人。1週間後約69万人。
という想定。????

ゆっくりいろいろ見ていたかったけれど、
戦没者合同慰霊祭へ飛んでいきました。
献花。
港中学校の生徒さんが、平和へのメッセージを読み上げました。
「両手に武器をもつのでなく、世界中の人々の両手に平和を持つことができますように。」と。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

山本りか写真

フェイスブック山本りか公式ページ

RSSフィード(更新情報)