活動日誌−りかの「なんだかんだ」

【16.02.29】企業に強く正規化を迫れ

【関連質問】企業立地補助金見直しを

   岡野恵美議員の一般質問が行われ、子どもの貧困について取り上げました。
子どもの貧困は親の貧困。

 岡野議員は、所得が低く抑えられるのは、非正規化が進んでいるこも大きく影響している。正規化をと要望しました。
 私は、15分間の関連質問。
「シャープの身売りが問題になっているが、90億も補助金を出し誘致しておきながら、意味があったのか。補助金支出企業が非正規化を広げているようでは問題だ。描いていた雇用創出も果たせなかった中、今回のことでダメージはないのか。企業立地補助金もいくつかの種類があるが、正規化をもっときつく求めるように見直すことも必要では。」との問いに、
雇用経済部長は、「その気はない」と答えました。
 
 ますます格差が広がり、貧困が問題とされる中、何よりも、雇用の安定と所得の確保が求められます。給与労働者の所得が上がってこそ、商売をしているところへお金が回るわけで、そのことこそ大切です。新卒者や若者の雇用対策をしているといいますが、もちろんそのことと共に、すべての年代層で安定雇用が崩れてきているわけですから、行政が補助金を出している企業に信頼関係の元、正規化を求めることはとても重要なことだと思います。そういうことが分からない企業に補助金を出すことは許されない。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

山本りか写真

フェイスブック山本りか公式ページ

RSSフィード(更新情報)