活動日誌−りかの「なんだかんだ」

【16.02.16】望まれる子ども食堂

四日市でも取り組みたいね

  堺市は、経済的な事情で食事が十分に取れない子どもたちに食事を無償提供する「子ども食堂」を来年度から設置するため、新年度当初予算案に500万円を計上した。民間団体から委託先を公募して夏にもスタートさせ、月1回以上開設する。市によると、民間団体による取り組みは全国で広がっているが、自治体が予算を組んで実施するのは珍しいという。
 練馬区や、八王子市などにも・・・。

四日市でも食べるものがないと言ってこられる子連れファミリーなどやっぱりある。
大人だって、食べるものがないと言ってこられる方もある。一方や二方ではない。
生活保護を受給していても、そんなことがある。もちろん保護費自体を増額することが根本的な問題です。
お金の使い方には十分なアドバイスがいるが、食べるものがなくては命にかかわる。
とっても複雑な問題。命を救おう、育ちを救おう、子ども食堂‼

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

山本りか写真

フェイスブック山本りか公式ページ

RSSフィード(更新情報)