活動日誌−りかの「なんだかんだ」

【16.02.04】サミット協奏曲・・・

伊勢新聞「大観小観」・・なかなかイイ!!

  2月4日 伊勢新聞「大観小観」より 

 伊勢志摩サミット会場の志摩市・賢島に乗り入れる近鉄を一週間前から運休するという報道について、鈴木英敬知事は「決まったとは聞いていない」とした上で「住民生活に直結するようなことが、国から先に情報提供されることは残念」▼「共に情報管理を徹底したい」とも。「フロントに立つわれわれ」に断りもなく情報を漏らして、ということらしい。県予算を自分らが知る前に報道されるとへそを曲げる議員気質に似ている。国から直接住民に知らされては、われわれの立場がないではないか、ということだろう。
 コンビニ前のゴミ箱を店外から店内に移動させることを県が発表したのは、現地で警察が指導したあとだった。危機管理だ、道路整備だ観光だと、この際だからいろいろ整備しちまえという事業のアピールに手抜かりはないが、住民生活に直結する情報について、県が早めに住民に知らせたような痕跡はない。
 近鉄の運休についても、志摩磯部—賢島間で地元で取りざたされたのは昨年九月。「電車通学をしている子どもがいる。どうなるのか、何も知らされず不安」だと、阿児町の母親からメールがきた。
 それから四カ月。説明はないまま、区間は鵜方—賢島間だと報じられた。いつまで県は住民に知らせぬつもりかと、文句の一つも言いたくなるのは先の母親ばかりではあるまい。
 「残念」とか「情報管理の徹底」を知事がどこでどう、国にもの申すかはご自由だが、記者会見の場ではせめて「住民生活に直結する情報が後手に回って申し訳ない」とひと言、地元住民への陳謝の言葉が聞きたかった。

 
 どこまで続く、サミット狂想曲。県も翻弄されている。
県民はなおさら・・・
 サミットってなんかいいことあるかも。お祭り騒ぎ??
 観光で商売繁盛かな。そうでもない?
 どこがいい思いするの?
 盛り上がりは?

 5月末の2日間・・・それまでは上へ下への大騒ぎ。
その後も、県財政に影響は大。
 全国で当たり前の、福祉3医療費窓口無料ができてない、中学校給食未実施があるのに、サミット!?

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

山本りか写真

フェイスブック山本りか公式ページ

RSSフィード(更新情報)