活動日誌−りかの「なんだかんだ」

【16.01.28】「夢千代日記」さすが〜

被爆者の痛み・・・今演じることの意味

   朝から日刊配達、そして、りか通信2月号の印刷にいそしむ。
機械と相性がわるくゴタゴタしました。
3000枚は印刷しましたが、あと8000枚は後日印刷。

午後は生活相談対応と、事務所打ち合わせ。

夜は、期待のお芝居「夢千代日記」
睡眠不足だったけれど、舞台から目が離せない、
ぐんぐん吸い込まれていきます。
さすがの前新座‼
しっかり作り込まれた作品でした。
海鳴り、そして嵐に激しく揺れる背景の樹木、ラストの満開の桜、そして、たっぷりの花吹雪。
感動の拍手がなりやまず。
ヒロシマの悲劇・・・今演じることの意味が大きい。

 夢千代さん・・・きれいだった。

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

山本りか写真

フェイスブック山本りか公式ページ

RSSフィード(更新情報)