活動日誌−りかの「なんだかんだ」

【16.01.28】同級生の訃報来る

辛いです。

 ご近所の同級生が昨夜旅立った。
年末に久しぶりに顔を見て、あまりの変容に心配をしていました。
つい5日前に、お連れ合いにお会いしだいぶ悪いと伺った。
できるだけ普段通りにしているのと言っておられた。話ながら、二人で涙ぐんだ。
長い闘病生活、お疲れ様。
いい調子のときもあったのにねーと・・・

小中学校の時、よくからかわれたりしたが、こちらも黙ってはいなかった。
お互い、言いたいこと言っていたなーと思う。


 本人は悔しいだろうと思う。もちろんその気持ちを感じ胸が痛むが、
それ以上に、残されたお連れ合いの気持ちになってしまいます。

 年末に出会った時、力なく片手を挙げて言葉もなく車の助手席に座る彼の姿を思い、合掌。
残念です。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

山本りか写真

フェイスブック山本りか公式ページ

RSSフィード(更新情報)